ブログ

子ども関連ニュースやブログエントリの感想や子ども周辺お役立ち情報、子ども関連活動の報告など、いろいろです

カプラ購入の際の注意点

「ハピママ*」というサイトの【おもちゃ】保育・教育・脳科学の専門家が選んだ! アマゾン『知育・学習玩具大賞』受賞アイテムは?によると、アマゾンが「知育・学習玩具ストア」をスタートしたそうです。
国内外から数十万点ものおもちゃを集めているとのこと。
で、スタートを記念して(ということだと思いますが)、保育・教育・脳科学の観点から優れた知育玩具を表彰する『Amazon知育・玩具大賞』を発表しました。
はえある知育玩具部門・大賞に選ばれたのは、『カプラ200』!

カプラ(KAPLA)は、フランス生まれの木の板状のブロックで、一応、うちにもあります(「一応」とした理由は後述します…)。

ブロックと言うと、サイコロのような立方体を思い浮かべる人が多いと思いますが、カプラはそうではなくて、薄っぺらい直方体。
かまぼこの板をスマートにしたような形状です。

あるいは、拍子木。
実際、酉の市に出かけた際、みーちゃんは、熊手を買った時にお店の人がやってくれる三本締め(ちゃちゃちゃん、ちゃちゃちゃん、ちゃちゃちゃんちゃん)が気に入ってしまい、帰宅後、カプラ2本を拍子木に見立てて、三本締めを1人でやっていました。

カプラがいったいなぜこの形状なのかはいまだに納得いってませんが、三井ホームのpapa@homeサイト「子どもにかこつけて、イイモノ買ってみた」第5回 魔法の板「カプラ」のいろんな作品を見ていると、たしかにこれは、立方体の積み木では作れなさそうだなあ、と思います。

そのページの最後のほうで、三井ホームの「2×4工法」を、カプラで作っていまして、それがまさに象徴だと感じるのですが、カプラって、普通のブロックより建築っぽいです。
実際、「KAPLAアートブック」という絵本のような体裁の作品集がありまして、その上級編を見ると、建物の作品ばかりです。
知的要素、美的要素、ともに、普通のブロックより強いという印象です。

という次第で、カプラは超オススメなのですが、くれぐれも買う場所には気をつけてください。
カプラの模造品があるのです。
なぜ断言できるかと言うと、うちのカプラが模造品だからです……(涙)。

(以下、KAPLAブロックの商標についてのページに、
「ご購入の際は、「正規販売品」であることをお確かめの上、お買い求めください。」
とあることを踏まえて、注意喚起になればと考え、公開します。
もし問題がありましたら、ご指摘ください。)

さて、私も、おかしいな、とは思っていたのです。
必ず箱に入っているという説明冊子が入っていないし、木箱にはロゴが書かれていないし。
保育園でやっている「カプラのおじさん」のイベントは、カプラのサイトには出ていないし。
でも(数年前、まだみーちゃんが保育園児だった頃)、保育園の先生にお願いして、昔から保育園に来ている「カプラのおじさん」から買ったので、偽物とは想像すらしませんでした。

あとからわかった話ですが、そのおじさんは、以前はカプラ(本社か日本の代理店かはよくわかりません)と契約関係にあったそうですが、既に契約は終了しているそうです。
それにもかかわらず、カプラを持って保育園を回り、先生たちが興味を示したところで、
「もっと安いのがありますよ」
と、「模造品」を出すのだそうです。
すると、保育園の財政も厳しいですからね、先生たちは喜んで安いほうを購入する、というわけです。

本物と模造品、どこが違うかというと、まず、値段。
模造品のほうが安いです(しかし、あっさり捨てて正規のカプラを買うほどは安くない)。
次に、微妙にサイズが違うので、さきほど言及した「KAPLAアートブック」に載っている作品を同じように作れない可能性があります。
素材も違い、模造品は、松ヤニによって粘り気が出てくるそうです。
つまり、触り心地が違う。
さらに個人的事情になりますが、私は大学生に知的財産権について教える仕事もしているので、そういう立場にありながら模造品を買ってしまった、というのが、本当にショックでした。

「ネットはウソや偽物ばかり、信頼できるのはリアルな場」みたいなことがいまだに言われますが、少なくともこの件に関しては、180度反対でした。

という次第で、声を大にして言いたい。
カプラは、アマゾンの「知育・学習玩具ストア」をはじめとする正規の窓口から購入しましょう!

なお、「ハピママ*」の上記ページで紹介されている「STOCS (ストックス) 」については、
プレゼントのおすすめ STOCS(ストックス)で紹介していますので、よろしければご覧ください。

これからの世界では、余暇を上手に楽しめる人が勝ち組

これまで、当サイト右側に表示される「私のオススメ」の1番を、『声に出して読みたい日本語』で有名な齋藤孝さんの著書『子どもの集中力を育てる』(文藝春秋)にしていました。
この本をオススメの中でも最も目立つところにもってきたのは、もちろん、古巣から刊行された本だからではありません。
広い意味での身体表現(演劇、舞踊、歌唱、演奏)を学ばせる意味で書いたように、私は、集中力が大事だと思っていて、そして、集中力を鍛えるためには、呼吸や姿勢が大切だからです。

その思いは多くのママ、パパに通じたようで、当サイト経由でこの本を多数買っていただきました。
賛同してもらえたような気がして、とても嬉しかったです。
(アマゾンだと、当サイト経由でどんな物が買われたかがわかるのです。もちろん、どなたが買ったかはわかりません。)

さて、集中力、そして呼吸や姿勢が重要であるという思いは、今でも変わりません。
変わりませんが、もっと読んでいただきたいと感じる本が出てきてしまいました。
その本は、メディアアーティスト、筑波大学助教・落合陽一さんの著書『これからの世界をつくる仲間たちへ』(小学館)。
そこで、差し替えを決断しました!

この本をオススメする理由は、なんと言っても、タイトルにもある「これからの世界」が、クリア過ぎるほどクリアに示されていることです。
それは、「ホワイトカラーが絶滅する世界」(213ページ)であり、「モチベーションを持ってコンピュータをツールとして使う『魔法をかける人』」(40ページ)と「魔法をかけられる人」(同)に二分された世界です。
10年後はわかりませんが、20年後、30年後はこんな感じになっているんでしょうね。

(あ、もし、このいきなりの展開に面食らっている方がいたら、当サイトの

子どもの将来
これからは「高度な事務処理能力」が必要
地元の公立小中で大丈夫
近代の終わり――人間の理性が統計的事実によってその確からしさを検証される時代が来た
ゴリラは人間のライバルになりうるか――国立大学人文社会系の問題について
中学受験は親の受験です

辺りを読んで、キャッチアップしてくださいませ。)

「魔法をかけられる人」は、たとえば工事現場で働きます。
「工事現場の仕事は、少なくとも人間より正確に動くロボットが開発され、ローコストで実用化されるようになるまではなくならないでしょう。しかも……賃金はむしろ上がると思います」(54ページ)。
「現場の人たちはみんなヘッドマウントディスプレイのようなものを装着して、そこに表示されるコンピュータが最適化した工程通りに工事を進めれば、きわめて効率よく正確な作業が可能になるでしょう」(同)
彼らは「コンピュータの下請け」(55ページ)であり、「高度なロボット」(64ページ)なのです。

そうした、人間にコンピュータの代わりをさせようとする分野は「ヒューマン・コンピュテーション」と呼ばれ、今さかんに研究されています。
落合さんは、米国のアマゾンが行っている「メカニカル・ターク(機械仕掛けのトルコ人)」というサービスにも言及しています(同)。
これは、「コンピュータだけでは不可能な仕事を人間に処理させるクラウドソーシングサービス」(56ページ)です。
「たとえば膨大な画像の中から公開できないレベルの猥褻なものを識別して削除するといった作業」(同)を、人間が安い賃金でするわけです。
「この類の仕事をどうエンターテインメントにしていくかが今後の課題となってい」く(57ページ)というくだりは、メディアアーティストである落合さんだから言える説得力を感じました。

本書では、それ以外にも、人間が「人工知能のインターフェイス」(58ページ)として働く場面がいろいろ紹介されています。

そのような「魔法をかけられる人」たちについて、落合さんは、ダンボール製のヘッドマウントディスプレイを頭につけて「コンピュータの作るバーチャルな代替物で人々が幸福感を得て満足するような面は多少なりとも出てくるでしょう」(133ページ)と言います。
そうした「誰かが作った「魔法」の世界を見て」(39ページ)過ごす生き方について、「魔法をかける人」たちの先頭を走っている落合さん――IPA(独立行政法人情報処理推進機構)認定スーパークリエータ(2009年度上期)であり、2015年には、米the WTNが世界最先端の研究者を選ぶ「ワールド・テクノロジー・アワード」(ITハードウェア部門)において、日本からただひとり、最も優秀な研究者として選ばれています――が「悪いとは思いません」(132ページ)と断言し、「コンピュータに「使われることによる幸せ」という概念も存在しうる」(同)と指摘する辺りは、本書の主眼ではないけれども、凄味を感じました。

そうなんです、もちろん本書は「モチベーションを持ってコンピュータをツールとして使う『魔法をかける人』」に語りかける本でして、その内容は当サイトを何倍にもパワーアップしたような内容なので、ぜひご自分で確認していただきたいのですが、私が衝撃を受けたのは、実は「魔法をかけられる」側の描写でした。
たしかに、「魔法をかけられる」人生も、「悪くない」と思います。
だって、楽しくお仕事できるように、そして、お金をかけずに余暇を楽しく過ごせるように、落合さんのような少数精鋭の「魔法使い」たちが知恵を絞ってくれるのです。
悪いわけがありません……というより、かなりいいと思いませんか?

そんなバラ色の未来が待っているのに、なぜ、間違った方向の努力(何がどうしてこれにあたるかについても、本書はくわしく述べています)を強いて、子どもたちを疲れさせる必要があるのでしょうか。
それより、余暇を上手に楽しめる人になっておいたほうがいいと思いませんか、と私は問いかけたいのです。

最後に、落合陽一さんに関するご参考ページを紹介しておきます。
Newspicks 【落合陽一】なぜ、僕は21世紀を「魔法の世紀」と呼ぶのか
ギズモード・ジャパン 潜入、筑波大学デジタルネイチャー研究室! 現代の魔法使い落合陽一さんの授業ってどんなもの?
COZRE(コズレ) 「いま子どもたちに本当に必要な教育」とは

新しい「私のオススメ・その1」を、どうぞよろしくお願いいたします!

プロフィール

渡辺リエラ
1969年東京生まれ。1988年東京大学文科1類入学。1992年東京大学法学部卒業。出版社勤務、専業主婦を経て、現在、別名義にて大学講師などとして活動中。2007年7月第1子「みーちゃん」誕生。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
生後106日以降のママ日記は有料とさせていただいております。有料とする理由含め詳細は「当サイトについて」をご覧ください。
取材(「取材してほしい」「取材したい」の両方)、お子さまの教育についての相談(実費申し受けます)などもお気軽にどうぞ。「お問い合わせ」からご連絡をお願いします。

月別アーカイブ
タグ

最近のコメント
最近のトラックバック
私のオススメ・その1
私のオススメ・その2
私のオススメ・その3
私のオススメ・その4
私のオススメ・その5
私のオススメ・その6
私のオススメ・その7
私のオススメ・その8
私のオススメ・その9
私のオススメ・その10
人気の投稿