ブログ

プレゼントのおすすめ「パズル」その2

プレゼントのおすすめ「パズル」その1の続きです。
直接勉強に役立つパズルがよければ、絶対これ!
2013年1月29日配信 現在進行形のママ日記(5歳6か月) 分数パズルで紹介した「おやこでいっしょに! はじめての分数パズル」で決まりです。

「カラフルな11種類のピースを使ったパズル遊び。いろいろな組み合わせで「1」を作ることで、分数の「通分・約分・加法・減法」などをイメージで理解し、考える力も養う」もの。
真ん中に円状の凹みがあるトレイに、1、1/2、1/3、1/4、1/5、1/6、1/7、1/8、1/9、1/10、1/12サイズのピースを適宜はめ込んで「1」をつくろう、というわけです。
『親野智可等の頭がよくなる「算数力」教室』(宝島社)に、
「小学校の算数は分数の勉強から一気に抽象的になっていきます。それでわからなくなる子が増えるのです」
と書かれていたので、何かいい教材はないかな、と探していて見つけました。

『親野智可等の頭がよくなる「算数力」教室』では「リットル図」(四角いピースを縦に積んでいく感じ)を勧めていましたが、この分数パズルのように円をつくるほうがわかりやすいし、楽しいと思います。
1/2は2枚、1/3は3枚、1/4は4枚、と同じサイズの(かつ同じ色の)ピースだけで「1」がつくれるようになっていますが、何と言っても、このパズルの面白さは、いろんなサイズのピースをはめ込んで「1」をつくるところにあります。
いろんな色の、いろんなサイズのピースを並べて、きれいに円に収めるわけです。
ただ、こんなふうにビミョウに間違えることもあります。

分数パズル02

「1/7が入っているのに、なんで1になってるの?」
とビビって、全正解が載っているガイドブックをめくりましたが、同じものはなし。
そこで、検算。

1/3+1/6+1/9+1/12+1/7+1/6
=84/252+42/252+28/252+21/252+36/252+42/252
=253/252
=1+1/252

うわあ~~~
ガイドブックにも、

「トレイにピースをはめ込んだとき、ぴったりはまったようでも「1」ではないことが起こります。これはピースをはめたときに多少の「あそび」を持たせているためですので、ご了承ください」

と書かれていました。
なるほど。
とすれば1/252程度の誤差は、仕方ないですね。

うちでは、ちゃんと分数の勉強をするまで、比較的誤差を生みやすそうな「1/7」のピースを使わないように、片付けました。
「1/11」のピースも入っていないことですし、「1/7」を隠しても別に問題ないと思います。

分数を勉強するようになったら、ガイドブックでも推奨しているように、「正解」かどうかをいちいち大人が確認してあげる必要があると思います。
そういう手間がかかるから、親野智可等先生は「リットル図」を勧めているのかもしれませんね。
さすがは親野智可等先生、深いです。

ただ、分数について知らずにパズルとして遊んでいる段階では、円のほうが断然、面白い。
「それは1じゃないよ~。1と1/252だよ~」
とか細かいことを言わずに、勝手に遊ばせていればいいんじゃないかと思います。
で、分数のお勉強に入った段階で、
「実は、あなたが遊んでた、あれはね、こういうことだったのよ」
と説明すれば、スッと分数が体に入ってくるのではないでしょうか。

Trackback

トラックバックURL:

トラックバックはありません

Comment

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

渡辺リエラ
1969年東京生まれ。1988年東京大学文科1類入学。1992年東京大学法学部卒業。出版社勤務、専業主婦を経て、現在、別名義にて大学講師などとして活動中。2007年7月第1子「みーちゃん」誕生。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
生後106日以降のママ日記は有料とさせていただいております。有料とする理由含め詳細は「当サイトについて」をご覧ください。
取材(「取材してほしい」「取材したい」の両方)、お子さまの教育についての相談(実費申し受けます)などもお気軽にどうぞ。「お問い合わせ」からご連絡をお願いします。

月別アーカイブ
タグ

最近のコメント
最近のトラックバック
私のオススメ・その1
私のオススメ・その2
私のオススメ・その3
私のオススメ・その4
私のオススメ・その5
私のオススメ・その6
私のオススメ・その7
私のオススメ・その8
私のオススメ・その9
私のオススメ・その10
人気の投稿