ブログ

子ども関連ニュースやブログエントリの感想や子ども周辺お役立ち情報、子ども関連活動の報告など、いろいろです

タブレットの次のオススメ

当サイトではお子さんのタブレット使用をお勧めしていまして、プレゼントのオススメ「タブレット」では、選ぶ際のチェックポイントをいくつか提示しています。

タブレット使用をお勧めする理由は、いよいよ来るぞ、学習の個別化――スマイルゼミの場合で書きました。
我々の子どもたちが生き抜かねばならない時代とは、知りたい情報に到達できるのは当然であり、到達した後の、情報の真贋、軽重を見極めて、それらを組み合わせ、自分なりの解を導き出せるか、が問われる、とても過酷な時代です。
せめてインターネットを使いこなして知りたい情報に到達できるようにしておかないと、日本の子どもたちは世界中のライバルたちに太刀打ちできません。

(なお、スマホは悪か?で、スマホやタブレットを利用する際の注意点を挙げていますので、気になる方はチェックしてみてください。)

という次第で、2年半ほど前に購入した私のiPad Airは、ほぼみーちゃん専用となっています。
(どんな設定で使っているかは、iPadの「ファミリー共有」をためらう、たった1つの理由に書きましたので、気になる方はそちらをどうぞ。)

ところが、先月のクリスマス前、プレゼントの希望を尋ねると、
「パソコン」
と答えるではありませんか。
「タブレットを使っているじゃない? そのうえに、パソコンも? 私だって、新しいパソコンがほしいんですけど……」
とつぶやきつつ、子連れで家電量販店へ向かいました。

みーちゃんがまず、食いついたのは、ドローン。
コントローラーをいじりまくっています。
しかし、今の段階で「ドローンがほしい」とか言われても困るので、追い立てるようにパソコン売り場へ。

しかし、パソコン売り場でも、キーにさわって、ガチャガチャしているではありませんか。
イラっとした私は、
「あなたは、パソコンで何をしたいの? なんでパソコンがほしいの?」
と単刀直入に尋ねました。
すると、
「そうさしたい」
という答えが返ってきました。
操作、ですね。
ああ、そうか、と思いました。

彼女にとって、パソコンかタブレットか(さらにはドローンか)や、CPUやメモリがどのくらいすごいか、はどうでもよかったのです。
彼女がこだわっていたのはインターフェース、と言うとカッコよすぎるかもしれませんが、要は、カチャカチャと叩けるキーボードがほしかったのです。
だから、「iPad Air2がほしい」でもなく、「iPad ProとSmart Keyboardがほしい」でもなく、「MacBook Proがほしい」でもなく、「パソコンがほしい」だったのです。
(もう少し知識があれば、「iMacとMagic Keyboardがほしい」だった可能性はありますが……。)

これは、コンピュータがどんどん小さく薄く、そして速くなるのを横目で見ながら年齢を重ねてきた私には、かなりの衝撃でした。
インターネット・ネイティブで、デジタル・ネイティブな世代においては、コンピュータが小さくて薄くて速いのは当たり前だし、コンピュータの中身すらどうでもよくて(どれを選んでも変わりないから、あるいは、中身がどうなっているかは、これからは人間にわからない時代になるから)、接点の部分の快適さが重要なんですね。

これからの世界では、余暇を上手に楽しめる人が勝ち組では、メディアアーティスト、筑波大学助教・落合陽一さんの著書『これからの世界をつくる仲間たちへ』(小学館)をオススメしていまして、同書では、「これからの世界」の人間が「人工知能のインターフェイス」として働く場面が描写されています。
例えば、工事現場の人たちが、「ヘッドマウントディスプレイのようなものを装着して、そこに表示されるコンピュータが最適化した工程通りに工事を進め」るわけです。
つまり、人間がコンピュータの手足となる時代!
コンピュータと人間との接点を重視した選択は、これからの時代にマッチした選択だったわけです。

そこで、速やかに同じフロアのキーボード売り場に移動し、iPad Airに接続できるキーボードをお店の人に尋ね、教えてもらった製品にさわらせました。
しかし、どうも違うようです。
どういうものがほしいのか、考えさせると、あれこれさわった後、「これがいい」というものが出てきました。
それは、キーボードとしては高価格帯に属する、やや重いタッチのキーボードでした。
私は、「子どものくせに……」という言葉を飲み込んで、お店の人に、そのまま伝えました。
そうしたら、ありがたいことに、お店の人は、生意気な子どもを非難することも、親バカを笑うこともなく、真摯にニーズと向き合ってくれました。
その結果、選ばれたのが、

FILCO Majestouch Convertible 2 Tenkeyless 青軸・テンキーレス・英語 US ASCII

です。
iPad AirとBluetooth接続でき、キーの意味などがiPadと近いために違和感なく使え、しかも、子どもに無理のない範囲で最大限重めのタッチのキーボードです。

まったく同じものが見つからなかったので、似ている製品をご紹介しておきます。

TSUKUMOサイトの爽快打鍵!番外編 FILCO Majestouchキーボードまとめ特集では、「カチャカチャの青軸」とされ、「接点部にはっきりとした感触があり、カチッと高い音がなるため、メカニカルらしい爽快な入力が実感できます。特にゲームユーザーに人気の高いスイッチです」と書かれています。
青軸はまさに、みーちゃんが望んだ「カチャカチャと叩けるキーボード」なわけです。

ちなみに、「メカニカル」については、日経トレンディネットのキーボードの売れ筋、2大勢力はMajestouchとRealforce――ツクモに聞くで、「メカニカルキーボードはキー単位で独立したスイッチを配置する構造で、高級機の定番のひとつだ」と説明されていました。

Bluetooth接続のしかたまで親切に教えてくれたビックカメラ新宿西口店の店員さんに感謝しつつ、税込16,480円で購入しました。
iMacとMagic Keyboardを「これで文句あっか~!」とドヤ顔で買い与えるより遥かにお安く済みましたし、「カチャカチャ言わないよ~」と文句を言われることもありませんでした。
もちろん、現在、大活躍中です。

タブレットつながりで、蛇足ながら一言。
アプリゼミ、ダウンロードしましたか?で絶賛したDeNA(ディー・エヌ・エー)のアプリゼミの再開を待ち望んでおります。
DeNAプレスリリース通信教育アプリ「アプリゼミ」同じ勉強時間でより効率的な学習が可能で、学習効果も期待「小学1年生講座」の提供を開始によると、「今後2015年春に「小学2・3年生」、以降「小学4・5・6年生」講座を順次立ち上げ、将来的には中学・高校までの展開も見据えています」とのことでしたが、小学1年生だけで止まってしまっているんですよね……。

カプラ購入の際の注意点

「ハピママ*」というサイトの【おもちゃ】保育・教育・脳科学の専門家が選んだ! アマゾン『知育・学習玩具大賞』受賞アイテムは?によると、アマゾンが「知育・学習玩具ストア」をスタートしたそうです。
国内外から数十万点ものおもちゃを集めているとのこと。
で、スタートを記念して(ということだと思いますが)、保育・教育・脳科学の観点から優れた知育玩具を表彰する『Amazon知育・玩具大賞』を発表しました。
はえある知育玩具部門・大賞に選ばれたのは、『カプラ200』!

カプラ(KAPLA)は、フランス生まれの木の板状のブロックで、一応、うちにもあります(「一応」とした理由は後述します…)。

ブロックと言うと、サイコロのような立方体を思い浮かべる人が多いと思いますが、カプラはそうではなくて、薄っぺらい直方体。
かまぼこの板をスマートにしたような形状です。

あるいは、拍子木。
実際、酉の市に出かけた際、みーちゃんは、熊手を買った時にお店の人がやってくれる三本締め(ちゃちゃちゃん、ちゃちゃちゃん、ちゃちゃちゃんちゃん)が気に入ってしまい、帰宅後、カプラ2本を拍子木に見立てて、三本締めを1人でやっていました。

カプラがいったいなぜこの形状なのかはいまだに納得いってませんが、三井ホームのpapa@homeサイト「子どもにかこつけて、イイモノ買ってみた」第5回 魔法の板「カプラ」のいろんな作品を見ていると、たしかにこれは、立方体の積み木では作れなさそうだなあ、と思います。

そのページの最後のほうで、三井ホームの「2×4工法」を、カプラで作っていまして、それがまさに象徴だと感じるのですが、カプラって、普通のブロックより建築っぽいです。
実際、「KAPLAアートブック」という絵本のような体裁の作品集がありまして、その上級編を見ると、建物の作品ばかりです。
知的要素、美的要素、ともに、普通のブロックより強いという印象です。

という次第で、カプラは超オススメなのですが、くれぐれも買う場所には気をつけてください。
カプラの模造品があるのです。
なぜ断言できるかと言うと、うちのカプラが模造品だからです……(涙)。

(以下、KAPLAブロックの商標についてのページに、
「ご購入の際は、「正規販売品」であることをお確かめの上、お買い求めください。」
とあることを踏まえて、注意喚起になればと考え、公開します。
もし問題がありましたら、ご指摘ください。)

さて、私も、おかしいな、とは思っていたのです。
必ず箱に入っているという説明冊子が入っていないし、木箱にはロゴが書かれていないし。
保育園でやっている「カプラのおじさん」のイベントは、カプラのサイトには出ていないし。
でも(数年前、まだみーちゃんが保育園児だった頃)、保育園の先生にお願いして、昔から保育園に来ている「カプラのおじさん」から買ったので、偽物とは想像すらしませんでした。

あとからわかった話ですが、そのおじさんは、以前はカプラ(本社か日本の代理店かはよくわかりません)と契約関係にあったそうですが、既に契約は終了しているそうです。
それにもかかわらず、カプラを持って保育園を回り、先生たちが興味を示したところで、
「もっと安いのがありますよ」
と、「模造品」を出すのだそうです。
すると、保育園の財政も厳しいですからね、先生たちは喜んで安いほうを購入する、というわけです。

本物と模造品、どこが違うかというと、まず、値段。
模造品のほうが安いです(しかし、あっさり捨てて正規のカプラを買うほどは安くない)。
次に、微妙にサイズが違うので、さきほど言及した「KAPLAアートブック」に載っている作品を同じように作れない可能性があります。
素材も違い、模造品は、松ヤニによって粘り気が出てくるそうです。
つまり、触り心地が違う。
さらに個人的事情になりますが、私は大学生に知的財産権について教える仕事もしているので、そういう立場にありながら模造品を買ってしまった、というのが、本当にショックでした。

「ネットはウソや偽物ばかり、信頼できるのはリアルな場」みたいなことがいまだに言われますが、少なくともこの件に関しては、180度反対でした。

という次第で、声を大にして言いたい。
カプラは、アマゾンの「知育・学習玩具ストア」をはじめとする正規の窓口から購入しましょう!

なお、「ハピママ*」の上記ページで紹介されている「STOCS (ストックス) 」については、
プレゼントのおすすめ STOCS(ストックス)で紹介していますので、よろしければご覧ください。

プロフィール

渡辺リエラ
1969年東京生まれ。1988年東京大学文科1類入学。1992年東京大学法学部卒業。出版社勤務、専業主婦を経て、現在、別名義にて大学講師などとして活動中。2007年7月第1子「みーちゃん」誕生。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
生後106日以降のママ日記は有料とさせていただいております。有料とする理由含め詳細は「当サイトについて」をご覧ください。
取材(「取材してほしい」「取材したい」の両方)、お子さまの教育についての相談(実費申し受けます)などもお気軽にどうぞ。「お問い合わせ」からご連絡をお願いします。

月別アーカイブ
タグ

最近のコメント
最近のトラックバック
私のオススメ・その1
私のオススメ・その2
私のオススメ・その3
私のオススメ・その4
私のオススメ・その5
私のオススメ・その6
私のオススメ・その7
私のオススメ・その8
私のオススメ・その9
私のオススメ・その10
人気の投稿