ブログ

子ども関連ニュースやブログエントリの感想や子ども周辺お役立ち情報、子ども関連活動の報告など、いろいろです

THINKERSが経済産業省「未来の教室」データベースに載りました

春に譲り受けて運営している「学校を超えて学び合える10代のためのSNS」THINKERSが、経済産業省「未来の教室」データベースに載りました。

https://www.learning-innovation.go.jp/db/detail/0026

お時間あるときに見ていただけましたら幸いです。

私がTHINKERSを譲り受けた理由

私には10歳の子どもがいます。
子ども(ここではMと呼びます)は地元の公立小学校に通っていましたが、運動会の棒引きの練習で腰を打ってから、学校に行かなくなりました。
4年生の秋のことです。
はじめは腰の痛みが問題なのだと思いました。
しかし、運動会が終わり、病院で腰には問題がないと言われても、学校に行きたがりません。
楽しそうに通っていた4つの習い事も休むようになりました。
かつて自信満々で何事にも積極的だったMが、次第に、自己肯定感と意欲を失って家の中に引きこもるようになり、私は悩みました。

Mが不登校となった原因は、いまだによくわかりませんが、一応、次のように考えています――Mのようになんでもできて感受性の鋭い「浮きこぼれ」の場合、地元の学校や地域では、なかなか話の合う友だちが見つかりません。
それどころか、変わり者と見られ、排除されます。
それは、同質性の高いこの国では、しかたのないことだと考えています。
だから私は、(今のところ、ときどきフリースクールや習い事に通っていますが)Mが完全に家の中に引きこもって暮らす未来も想定しています。
しかし、同時に私は、もし仮に家の中に引きこもる生活になったとしても、Mには、自分の殻の中に閉じこもってほしくない、人とつながっていてほしい、と切実に願っています。
そして今日、みなさんご存じのように、それはインターネットを使えば、たやすく実現できるのです。

学校を超えて学び合える10代のためのSNS、THINKERSもその一つです。
興味のある事柄について、気の合う仲間と真剣に語り合える、インターネット上のサードプレイス
自宅でもなく、学校でもない、時空を超えた居場所
THINKERSが資金の問題により閉鎖されそうになったとき、私は、そういう場所をなくしてはいけない、Mをはじめとする多くの「浮きこぼれ」がちな若者のために維持しなくてはいけない、と考えたのです。

「浮きこぼれ」がちな若者は、フリースクールやオルタナティブスクール、ホームスクールだけでなく、公立の学校にも、私立の学校にもいることでしょう。
否、既存の「学校」に通う若者のほうが、「浮きこぼれ」ないように、必死になって周囲に溶け込もうとしているのかもしれません。
そんな若者すべてが安心して、のびのびと、主体的な学びと交流を深め、自分らしい人生を歩むためのポートフォリオを作るべく、試行錯誤できる場所を守りたいと思いました。

これが、私が一般社団法人THINKERS NEOを設立して、THINKERSを譲り受けた理由です。

【関連エントリ】
SNSを利用する意味(私の育児方針)
譲り受ける2年前のエントリですが、THINKERSに言及して「正直に言うと、私は今の10代に嫉妬しています」とまで言っています。
どんだけ好きなんだ、THINKERSが。

なぜ学校へ行くのか?
3本のシリーズものです。
学校に行けるならば行くべきだという主張です。

ホームスクールについてのメモ

プロフィール

渡辺リエラ
1969年東京生まれ。1988年東京大学文科1類入学。1992年東京大学法学部卒業。出版社勤務、専業主婦を経て、現在、別名義にて大学講師などとして活動中。2007年7月第1子「みーちゃん」誕生。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
生後106日以降のママ日記は有料とさせていただいております。有料とする理由含め詳細は「当サイトについて」をご覧ください。
取材(「取材してほしい」「取材したい」の両方)、お子さまの教育についての相談(実費申し受けます)などもお気軽にどうぞ。「お問い合わせ」からご連絡をお願いします。

月別アーカイブ
タグ

最近のコメント
最近のトラックバック
私のオススメ・その1
私のオススメ・その2
私のオススメ・その3
私のオススメ・その4
私のオススメ・その5
私のオススメ・その6
私のオススメ・その7
私のオススメ・その8
私のオススメ・その9
私のオススメ・その10
人気の投稿