ブログ

子ども関連ニュースやブログエントリの感想や子ども周辺お役立ち情報、子ども関連活動の報告など、いろいろです

私がTHINKERSを譲り受けた理由

私には10歳の子どもがいます。
子ども(ここではMと呼びます)は地元の公立小学校に通っていましたが、運動会の棒引きの練習で腰を打ってから、学校に行かなくなりました。
4年生の秋のことです。
はじめは腰の痛みが問題なのだと思いました。
しかし、運動会が終わり、病院で腰には問題がないと言われても、学校に行きたがりません。
楽しそうに通っていた4つの習い事も休むようになりました。
かつて自信満々で何事にも積極的だったMが、次第に、自己肯定感と意欲を失って家の中に引きこもるようになり、私は悩みました。

Mが不登校となった原因は、いまだによくわかりませんが、一応、次のように考えています――Mのようになんでもできて感受性の鋭い「浮きこぼれ」の場合、地元の学校や地域では、なかなか話の合う友だちが見つかりません。
それどころか、変わり者と見られ、排除されます。
それは、同質性の高いこの国では、しかたのないことだと考えています。
だから私は、(今のところ、ときどきフリースクールや習い事に通っていますが)Mが完全に家の中に引きこもって暮らす未来も想定しています。
しかし、同時に私は、もし仮に家の中に引きこもる生活になったとしても、Mには、自分の殻の中に閉じこもってほしくない、人とつながっていてほしい、と切実に願っています。
そして今日、みなさんご存じのように、それはインターネットを使えば、たやすく実現できるのです。

学校を超えて学び合える10代のためのSNS、THINKERSもその一つです。
興味のある事柄について、気の合う仲間と真剣に語り合える、インターネット上のサードプレイス
自宅でもなく、学校でもない、時空を超えた居場所
THINKERSが資金の問題により閉鎖されそうになったとき、私は、そういう場所をなくしてはいけない、Mをはじめとする多くの「浮きこぼれ」がちな若者のために維持しなくてはいけない、と考えたのです。

「浮きこぼれ」がちな若者は、フリースクールやオルタナティブスクール、ホームスクールだけでなく、公立の学校にも、私立の学校にもいることでしょう。
否、既存の「学校」に通う若者のほうが、「浮きこぼれ」ないように、必死になって周囲に溶け込もうとしているのかもしれません。
そんな若者すべてが安心して、のびのびと、主体的な学びと交流を深め、自分らしい人生を歩むためのポートフォリオを作るべく、試行錯誤できる場所を守りたいと思いました。

これが、私が一般社団法人THINKERS NEOを設立して、THINKERSを譲り受けた理由です。

【関連エントリ】
SNSを利用する意味(私の育児方針)
譲り受ける2年前のエントリですが、THINKERSに言及して「正直に言うと、私は今の10代に嫉妬しています」とまで言っています。
どんだけ好きなんだ、THINKERSが。

なぜ学校へ行くのか?
3本のシリーズものです。
学校に行けるならば行くべきだという主張です。

ホームスクールについてのメモ

カプラ購入の際の注意点

「ハピママ*」というサイトの【おもちゃ】保育・教育・脳科学の専門家が選んだ! アマゾン『知育・学習玩具大賞』受賞アイテムは?によると、アマゾンが「知育・学習玩具ストア」をスタートしたそうです。
国内外から数十万点ものおもちゃを集めているとのこと。
で、スタートを記念して(ということだと思いますが)、保育・教育・脳科学の観点から優れた知育玩具を表彰する『Amazon知育・玩具大賞』を発表しました。
はえある知育玩具部門・大賞に選ばれたのは、『カプラ200』!

カプラ(KAPLA)は、フランス生まれの木の板状のブロックで、一応、うちにもあります(「一応」とした理由は後述します…)。

ブロックと言うと、サイコロのような立方体を思い浮かべる人が多いと思いますが、カプラはそうではなくて、薄っぺらい直方体。
かまぼこの板をスマートにしたような形状です。

あるいは、拍子木。
実際、酉の市に出かけた際、みーちゃんは、熊手を買った時にお店の人がやってくれる三本締め(ちゃちゃちゃん、ちゃちゃちゃん、ちゃちゃちゃんちゃん)が気に入ってしまい、帰宅後、カプラ2本を拍子木に見立てて、三本締めを1人でやっていました。

カプラがいったいなぜこの形状なのかはいまだに納得いってませんが、三井ホームのpapa@homeサイト「子どもにかこつけて、イイモノ買ってみた」第5回 魔法の板「カプラ」のいろんな作品を見ていると、たしかにこれは、立方体の積み木では作れなさそうだなあ、と思います。

そのページの最後のほうで、三井ホームの「2×4工法」を、カプラで作っていまして、それがまさに象徴だと感じるのですが、カプラって、普通のブロックより建築っぽいです。
実際、「KAPLAアートブック」という絵本のような体裁の作品集がありまして、その上級編を見ると、建物の作品ばかりです。
知的要素、美的要素、ともに、普通のブロックより強いという印象です。

という次第で、カプラは超オススメなのですが、くれぐれも買う場所には気をつけてください。
カプラの模造品があるのです。
なぜ断言できるかと言うと、うちのカプラが模造品だからです……(涙)。

(以下、KAPLAブロックの商標についてのページに、
「ご購入の際は、「正規販売品」であることをお確かめの上、お買い求めください。」
とあることを踏まえて、注意喚起になればと考え、公開します。
もし問題がありましたら、ご指摘ください。)

さて、私も、おかしいな、とは思っていたのです。
必ず箱に入っているという説明冊子が入っていないし、木箱にはロゴが書かれていないし。
保育園でやっている「カプラのおじさん」のイベントは、カプラのサイトには出ていないし。
でも(数年前、まだみーちゃんが保育園児だった頃)、保育園の先生にお願いして、昔から保育園に来ている「カプラのおじさん」から買ったので、偽物とは想像すらしませんでした。

あとからわかった話ですが、そのおじさんは、以前はカプラ(本社か日本の代理店かはよくわかりません)と契約関係にあったそうですが、既に契約は終了しているそうです。
それにもかかわらず、カプラを持って保育園を回り、先生たちが興味を示したところで、
「もっと安いのがありますよ」
と、「模造品」を出すのだそうです。
すると、保育園の財政も厳しいですからね、先生たちは喜んで安いほうを購入する、というわけです。

本物と模造品、どこが違うかというと、まず、値段。
模造品のほうが安いです(しかし、あっさり捨てて正規のカプラを買うほどは安くない)。
次に、微妙にサイズが違うので、さきほど言及した「KAPLAアートブック」に載っている作品を同じように作れない可能性があります。
素材も違い、模造品は、松ヤニによって粘り気が出てくるそうです。
つまり、触り心地が違う。
さらに個人的事情になりますが、私は大学生に知的財産権について教える仕事もしているので、そういう立場にありながら模造品を買ってしまった、というのが、本当にショックでした。

「ネットはウソや偽物ばかり、信頼できるのはリアルな場」みたいなことがいまだに言われますが、少なくともこの件に関しては、180度反対でした。

という次第で、声を大にして言いたい。
カプラは、アマゾンの「知育・学習玩具ストア」をはじめとする正規の窓口から購入しましょう!

なお、「ハピママ*」の上記ページで紹介されている「STOCS (ストックス) 」については、
プレゼントのおすすめ STOCS(ストックス)で紹介していますので、よろしければご覧ください。

プロフィール

渡辺リエラ
1969年東京生まれ。1988年東京大学文科1類入学。1992年東京大学法学部卒業。出版社勤務、専業主婦を経て、現在、別名義にて大学講師などとして活動中。2007年7月第1子「みーちゃん」誕生。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
生後106日以降のママ日記は有料とさせていただいております。有料とする理由含め詳細は「当サイトについて」をご覧ください。
取材(「取材してほしい」「取材したい」の両方)、お子さまの教育についての相談(実費申し受けます)などもお気軽にどうぞ。「お問い合わせ」からご連絡をお願いします。

月別アーカイブ
タグ

最近のコメント
最近のトラックバック
私のオススメ・その1
私のオススメ・その2
私のオススメ・その3
私のオススメ・その4
私のオススメ・その5
私のオススメ・その6
私のオススメ・その7
私のオススメ・その8
私のオススメ・その9
私のオススメ・その10
人気の投稿